肌荒れ? 肌質? 化粧品は?どういうのを選ぶの?

感謝してます マサ的美容情報局です。

美容の悩み解決!!

肌荒れに悩んでる方・・必見!!

肌って‥どんな構造になってるのか??興味がありますね。

どうして敏感肌??・・乾燥肌??なのか??

対処方法はないのだろうか?

口コミを読んでいて”どうして合わないんだろう??”

お肌に合う人は合う?

なぜなんだろう??

健康なお肌って・・陶器(とうき)のような明るく・・キレイな肌・・なめらかな肌・・ハリがあり・・弾力がある・・とにかく明るい印象・表情ですね。

”キレイな人だなあ・・・”

男子の中で育った私は・・お手入れなんて全くしてませんでした。そのうえ美容室でなくて床屋でした。(*ノωノ)

学生の時も担任の先生が・・化粧水付けたりしてると、化粧したくなり勉強に実が入らないと注意してましたねえ・・その様子を、他人事のように見てみてました。( ´艸`)(〃ノωノ)

では‥今から・・お話します。私と同じく後悔しないように・・参考になれたらいいなあ・・と思ってます。

もくじ・・・

・お肌の構造・対策について

・日焼けについて

・ 女性ホルモン??

・睡眠と美肌関係?

・美肌・美白成分について

・毛穴・たるみ??

・ 見た目で魅力を感じる??

・ スキンケア対策 ・・エイジングケアしましょう。

・年齢と肌質・まとめについて

・お肌の構造・対策について

▲表皮・・1

皮膚・・お肌の0・02mmのところで体の中にホコリ紫外線・・細菌など入らないよう守ってくれてるんです。

知らないでゴシゴシ洗って・・タオルでガシガシ拭いて・・”ああ~サッパリしたっ”なんて大変!!ダメです!!🚫

0・02mmのところで守ってる常在菌はガシガシこすられてるんですね。

一番上の皮膚上は表皮と呼ばれてます。

角層が20層も重なってます。

△常在菌??

アクネ菌・・黄色ブドウ球菌・・ブドウ球菌がバランスよく存在してます。

でも、・・・

この一つ、一つでも数のバランスが乱れ・・例えば・・アクネ菌が増殖してしまうと・・あの、悩みのニキビが発生してしまいます。

ニキビの原因菌です。

▲表皮・・2

肌内部から水分が蒸散しないようにも守ってくれています。

水分の蒸散をおさえてくれてお肌のうるおいを保ってくれてる、皮膚をやわらかくしてくれてる作用をエモリエント作用といいます。

エモリエント美容成分

ヒマワリオイル・・ホホバオイル・・ワセリン・・セラミド・・シアバター・・コメぬか油等々です。

皮膚表面で皮脂膜を構成しています。

うるおいを守ってるのも皮脂です。

ええ~皮脂??って思いますよね・・・

過剰に分泌してない正常な状態です。

外部から水分を補うと角層細胞間脂質と皮脂膜のはたらきにより・・エモリエント効果が生じます。

▲スキンケア??対策

乳液タイプのエモリエントローション・・クリーム状のエモリエントクリームを選ぶと良いですね。

角層の水分を保ってくれる‥皮膚を柔軟に保ってくれる保湿クリーム・・ナイトクリーム・・モイスチャークリームなどがありますね。

このほかにも・・

グリセリン・・ヒアルロン酸などの成分がふくまれてる保湿剤もありますね。

▲乾燥対策に・・

小ジワ・・肌荒れ防止にレチノール・・ヒアルロン酸・・ヒアルロン酸Na・・コラーゲン・・加水分解コラーゲン・・天然保湿因子のアミノ酸・・等々・・・

△アミノ酸??

アラニン・・トレオニン・・バリン・・ヒスチジンなどですね。18種類あることも有名ですね。

▲乾燥対策・・このほかにも・・!!

ライスパワーNo・11・・・ライスパワーエキス・・

水分保持して柔軟なお肌へみちびいてくれるエモリエント効果

ワセリン・・スクワラン・・セラミド成分・・セラミド2・・セラミド3・・等々です。

要注意

アルコール成分がふくんでる商品はお肌への刺激がつよいですね。

敏感肌・・・乾燥肌の方は要注意です。

アルコールは蒸発します・・お肌の表面の水分を奪(うば)ってしまいます。

シリコン油・・メチコン・・シクロメチコンなど合成樹脂・・プラスチックは注意です。

揮発性(きはつせい)があり・・コーティング力が強いので毛穴をふさぎます

合成香料でアレルギー・・接触皮膚炎を起こしたりします。

石油系合成界面活性剤・・・肌への浸透力が強くバリア機能を低下します。

水分蒸散が損(そこ)ないます。

グリセリンは保湿作用があり有名ですが・・・

アクネ菌が増殖しやすくなります。( ゚Д゚)

ニキビ・・吹き出物が、かえって出やすくなってしまいます。

グリセリンフリーと記載(きさい)されてる商品を購入して使用した方が良いですね。

▼良い製品に出会えたら・・・

この製品はお肌にあったと感じたら‥これから購入するために・・成分をメモしておくと良いですね。

新しい・・ほしい商品を確かめやすくなりますね。

△洗浄成分は・・?

ココイルグルタミン酸TEA・・アミノ酸系洗浄成分・・等々

皮膚が水分が蒸散してしまうと‥皮膚バリア機能が正常にはたらかなくなってしまいます。

毎日のスキンケアが必要です。

▼皮脂をとりすぎないもの・・

サンプル・・トライアルキットがご用意されてます。これで試してみるのが良いですね。👍

自己流はせず・・説明書通り・・使用料を守り正しい使い方をした方が良いですね。

🛁入浴は血流が良くなって良いんですが・・天然保湿因子が流れ出てしまいます。

ご存じの方は、入浴後すぐ使用してると口コミで書かれているのを良く見かけます。🛁

▼まだある保湿対策!

保湿剤・・ボディミルクなどを使用した方が良いです。

保湿パックも良いですね。

乾燥したお肌に良いですね。

パックで密閉すると角質層がふやけて有効成分が浸透しやすくなりますね。

△セラミド??・・・

バリア機能3因子の細胞間脂質の一つです。

天然保湿因子の一つです。

皮脂にはスクワレンがふくまれてます。

水分キープ力がある保湿成分のふくまれてるスキンケアが良いですね。

▼美肌成分は・・・

表皮の下の層・・真皮の層に存在してます。

コラーゲン・・コラーゲンを支えてくれてるエラスチンと・・ヒアルロン酸です。

お肌のシワ・・たるみ予防・・対策してくれます。

知られてる外的刺激・・紫外線などによりこれら・・美肌成分が減少してしまいます。

活性酸素が発生し・・お肌を老化へとみちびかれてしまいます。

シミ・・シワ・・たるみは肌老化が原因で起きています。

・日焼けについて

△では・・紫外線って??

可視光線・・・50%

紫外線・・・5%

赤外線・・・残り45%

紫外線には・・・A波(UVA)・・B波(UVB)があります。

▲A波

くもり空の日でも・・地上まで到達します。

表皮の下の層・・真皮まで届いてしまいます。

▲B波

お肌をヒリヒリ赤くさせます。

雲・・ガラスなどは、ある程度は遮(さえぎ)ります。

表皮の下の真皮まで届いてしまいます。

こうなると・・美白製品が気になり‥注目されます。

SPF+++・・・SUN Protection Facterの略です。

SPFは・・紫外線UV-Bを防ぐ大きさです。

お肌が赤くなるような日焼け・・短時間で引き起こします。

SPF20・・・何もつけてないお肌の状態・・日焼けを20倍遅らせるという意味です。

紫外線を浴びて・・20分ぐらいで日焼けします。赤みが出る・・場合は・・

SPF20なら・・・20分×20=400(6時間40分)日焼けが防げます。

とにかくSPF30なら時間に30をかける・・です。

▼注意▲・・・

でも‥お肌に負担がかかる方もいらっしゃいます・

お肌が乾燥したりしたら使用は中止してください。👒帽子・・薄手のシャツの長袖など着用してください。家の中にいるとか・・・

▼SPF・・・??

普段出かけないときはSPF20~30PA++以上で良いですが・・・

屋外では・・レジャーなどの時は・・SPF30~50PA++~+++が良いですね。海水浴・・リゾート(観光・夏)・・マリンスポーツ・・炎天下等々。

非常に紫外線が強い場所・・SPF50+PA++++がいいです。

5分でお肌が赤く焼けてきた・・・・10分でお肌が焼けてきたとなりますね。

5分掛け算50ですね。4時間ちょっと10分くらいモチますね。

△嫌な‥紫外線も必要??

ビタミンD・・骨に必要な成分には紫外線が必要です。

両手のひらの量分が必要です。1日20分くらい浴(あ)びる必要があります。

妊娠にも必要な栄養ビタミンDですが・・・

・女性ホルモン??

▲女性ホルモン??

8~9歳から卵巣で分泌され・・女性らしいからだを作るホルモンです。

年齢を重ねるたびに・・・女性ホルモン・・卵巣ホルモンエストロゲンが減少してゆきます。

思春期・・生成熟期・・ 生成熟期 ・・更年期・・高齢期があります。

🌹思春期 ・・10歳~18歳ごろ

エストロゲンの分泌量が増えてる時期です。女性らしいからだが出来上がってゆきますね。

🌹生成熟期 ・・18歳~45歳ごろ

エストロゲン分泌が盛んです。結婚して妊娠したり・・お産したり30歳ごろ環境の変化があります。仕事でも慣れてきて指導する側になりますね。

🌹更年期 ・・45歳~55歳ごろ

エストロゲンが急に減少します。閉経になるころですね。

🌹高齢期 ・・55歳以上の年齢~

エストロゲンの分泌が少なくなってます。閉経を迎えるころですね。

▼原因・・・

運動不足も考えられます。

カルシウム不足・・慢性的な炎症を起こす行為も注意です。

▽食品からも補えます・・

豆腐半丁・・・納豆1パック(ポン酢を入れて食すると、血液サラサラ・・体臭もなくなります。)

大豆・・イソフラボンを積極的に摂りましょう。お肌の若さを保つエストロゲンキープします。1日30粒は必要とか・・・

男性は女性より少なめで摂取してください・・専門家によると・・精子にもかかわります。小種が減るといわれてます。

お肌の若々しさにも関係があります。

肌荒れ・・イライラ感が生じますね。

月経前症候群・・・月経前深い気分障害があります・・月の揺らぎともいわれてます。

そんな時に揺らぎを回復へとみちびくオイルもあります。

女性ホルモン活性・・老化防止・・ストレス緩和・・安眠効果・・抵抗力をつける・・・

お肌の老化のスピードを遅く促してくれる・・抗酸化作用に注目されてます!!

▽アロマオイル

ラベンダーオイル・・・オリーブ果実油・・油溶性ノバラ🌹エキス・・ブドウ種子油・・アルガンオイル・・コメ胚芽油・・セージ・・等々あります。

イランイラン・・カモミール・・ジャスミン・・ネロリ・・ローズオットー・・フランキンセンス・・ゼラニウム等々です。

ストレス‥疲れにおススメです。!(^^)!

▽香りとしても癒されます・・・(香水)

ネロリ・・ダマスク系のバラ・・ブルガリアンローズ・・スイートオレンジ・・クラリセージ・・モダンローズ等々です。

▽石けん

普段の日々でも清潔面・・洗浄では日本は知られてないようです。

かゆみ・・黒ずみで悩んでる方もいます。専用の石けんがあります。

▽合わないなあ・・という商品

合わないなあと感じたら・・すぐその商品の使用はおやめください。お肌を悪化させてしまいます。

ハーブ製品は妊娠中‥これから妊娠する方・・お産・・授乳中の方・・小さいお子様はハーブティは注意です。

・睡眠と美肌関係?

▽つけるとき・・・

ローションなどをつけるときに・・お肌をたたいたり・・クリームで強く塗り込んだりしないでくださいね。お肌に摩擦は良くありません。

炎症による肌老化の原因になります。

加齢でも血行が悪くなります。

必要な栄養・・酸素が行き渡らなくなり・・28日周期のターンオーバー機能が乱れてしまいます。

▽ターンオーバー機能が乱れると・・・

美肌成分のコラーゲンが減少してしまいます。

1日6時間以上の睡眠に心がけ・・バランスの良い栄養を摂りましょう。

帰宅したら・・部屋は暗めの電気にする・・スマフォは閉じる・・ブルーライトは見ないようにする(パソコン)・・夕食は軽めの食事で済ませます。

寝る前まではおなかがすいたら・・ティタイムをとりクッキーなどを少々にする・・・

それでも・・眠れないのなら軽く運動すると良く眠れます。

▲睡眠は大切??

睡眠中に成長ホルモンが分泌されます。

若肌を保つのにはこの、成長ホルモンが必要となります。(女性ホルモン)

お肌の修復作業が始まり、・・お肌に再生が始まります。

化粧のノリがよくなります。

▽ピーリング・・??

新陳代謝を高めるピーリング効果にも注目されてます。

角質ケア・・ピーリングは1か月に1回でも大丈夫です。

ピーリングすることにより・・美肌成分コラーゲンが増加します。うれしいですね。お肌ツヤツヤ・・輝いて明るい肌になります。(^^♪

常に新しく・・表皮の細胞は生まれ変わる・・・28日周期ターンオーバー機能にも良いと注目されてます。

▲敏感肌・・・

セラミド成分不足が原因の一つです。

角質細胞同士をつなぎ止めてくれるのがセラミド成分です。

外的刺激などのホコリ細菌などが入り込まれないようにしてくれるバリア機能を保ってくれてます。

最強の保湿・・・セラミドなどの水分・・と結合です。

水もしみるほど・・敏感になってるときは・・クリームだけにしてください。

日焼け止めは残念ですが‥この時は使用できません。

▲アクアポリン・・

お肌にうるおいをめぐらせてくれる道のことです。

トンネルともよばれてます。

体内の細胞膜に存在してます。

水の穴ともいいます。

表皮に多数あります。

水分が充分めぐり・・うるおいが保たれてます。

・美肌・美白成分について

▲美肌成分・・・

コラーゲンです。

コラーゲンが減少すると・・深いシワの原因になります。

シワは乾燥ではなく・・・表皮の下の層真皮にあるコラーゲンが減少してることが原因です。

コラーゲンは30代ごろから・・妊娠・・出産・・仕事が慣れて人間関係に悩んだり・・ストレス・・睡眠不足などにより・・コラーゲンが減り始めます。

ビタミンC誘導体・・・ビタミンB3・・レチノール・・ビタミンC・・ビタミンA・・パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS)等々です。

▲美白成分・・・

アルブチン・・コウジ酸・・リノール酸・・プラセンタエキス・・ルシノール・・エラク酸・・ビタミンC誘導体・・カモミラET・・ハイドロキノン・・

トラネキサム酸・・アスコルビン酸2-グルコシド等々です。✨

ヒト型幹細胞エキス・・幹細胞エキス・・リンゴ🍎幹細胞エキス等々・・・美白だけでなくシワ改善防止にも良いエキスです。抗酸化作用もあります。

抗老化スキンケアともいわれてます・・・リンゴ🍎植物幹細胞ですね。

・毛穴・たるみ??

▲毛穴の悩み

遺伝的にもできやすいといわれてます。

思春期ごろから・・・ニキビができやすいといわれてます。

角栓(かくせん)が詰(つ)まるとも言います。

ブラックヘッド・・・イチゴ鼻といわれてます。

皮脂と角質が混じってしまいます。

▲たるみ・・毛穴・・・

コラーゲン減少が原因です。

20代後半ごろから・・注意です。

ホホの毛穴がゆるんで広がります。

・見た目で魅力を感じる??

▼第16回日本顔学会大会・・フォーラム顔学2100によると・・▲

▽魅力に関係する4つの項目・・

美しい・・・・・ かわいい ・・・・・魅力的 ・・・・・親しみやすい

30代・・40代で見た目年齢の関連について・・カネボウ化粧品・・スキンケア研究所により報告しました。

その結果・・・

※顔のつくりより肌状態が重要だということが研究結果がでました。✨

肌印象・・魅力印象は肌特性に関係がある・・!!

肌特性とは・・

シワ・・たるみ・・シミなどです。

顔の形・・形状については見た目年齢には関連性がないことがわかりました。

・・重回帰分析した結果・・カネボウ化粧品・・スキンケア研究所は・・・

▽くちびるに関しても研究しました。

見た目年齢より老けて見えるには・・唇(くちびる)が薄く横に長いということも、わかりました。

ホルモン状態が見た目年齢に影響する可能性も示唆(しさ)しました。

そのうえ・・30代と40代とでは・・

魅力の印象が異なってることもわかりました。

エイジングケアは・・・30代から必要であることも結果としてわかりました。

シワ・・たるみ・・シミに対するエイジングケアが必要・・・・お手入れ方法を提唱(ていしょう)しています。

第16回日本顔学会大会・・2011フォーラム顔学・・9月23、24日・・新潟で開催(かいさい)されてます。

▽対策しましょう・・

脂っこいもの食べ過ぎ・・睡眠不足・・原因の一つです。

脂っこいものを減らしましょう。家の中を睡眠がとれるように工夫しましょう。(電気暗めにするなど)

毛穴パックは2週間に1度くらいが良いです。

毛穴のつまり対策として・・・酵素洗顔がおススメです。

お肌を柔らかくしてくれる酵素成分です。

ぬるま湯でケアしてください。

毛穴つまり・・たるみに・・ビタミンC誘導体成分もおススメです。

・スキンケア対策 ・・エイジングケアしましょう。

▲スキンケア対策

クレジング・・・

古い角質を落としてくれる・・洗顔・・保湿ケア・・透明感ある肌へみちびいてくれます。

毛穴の汚れ・メイクをおとします。

化粧水・・・

お肌に水分をあたえてくれます。浸透よくするための道筋を作ってくれます。

お肌をたたかず・・手のひらに乗せて温めて肌温にしてお肌に乗せるようにつけてください。

化粧水タイムを作りましょう。

乳液などの角質浸透しやすくするための大切な準備です。

それでも・・忙しいというあなたは‥オールインワン商品でTRY(トライ)しましょう。(育児・・勤め・・家事・・介護・・勉強・・趣味等々)

美容液は・・

美白・・お肌にハリをあたえ・・美容効果を加速させてくれます。

乳液は油分・・水分を補給します。

バリア機能サポートしてくれます。

クリーム・・・

乾燥しているところに塗ると良いですよ。

クリームもバリア機能をサポートしてくれます。

パック・・・

お肌に美容成分が浸透しやすくなります。

毛穴の汚れも取り除けます。

お出かけ前・・・余分な皮脂を洗い流します。

▽帰宅後・・・

帰宅後・・お手入れ・・油汚れで毛穴が詰まってます。

オイルクレジングでしっかり落とします。

洗顔に良い製品は泡がキメ細かい・・弾力があります。

化粧水・・・水分をあたえお肌の道筋を作り・・浸透性を高めます。

美容液・・・お肌のダメージに対処できます。

保湿美容液・ハリ美容液があります。

乳液・・洗顔後・・油分を補ってくれます。

正しい洗顔・・・保湿ケア・・・朝晩してください。

・年齢と肌質・まとめについて

まとめ

▼年齢

20代~20代後半

皮脂分泌が活発です。

入念に洗顔しましょう。でも、ゴシゴシ洗いすぎに注意です。やさしく洗い上げてください。

水分と油分のバランスをととのえて乳液・・クリームだけで充分です。

30代

ストレス・・睡眠不足・・お肌が荒れやすい時期ですね。成長ホルモンの分泌が活発になるよう6時間以上は睡眠をとるようにしましょう。お肌を修復・再生にうながしましょう。

入念な保湿ケアしましょう。コラーゲン補充!!

40代

シワ・・シミ・・たるみが気になり始める時期ですね。ストレスをためないように心がけ・・睡眠を6時間以上は取りましょう。成長ホルモンを活発化へと、うながしましょう。

ハリ対策できるハリ専用美容液がおススメです。抗酸化作用成分配合も良いですね。

50代

年齢肌が加速しやすい時期です。女性ホルモン減少の時期ですね。

保湿・・ハリ対策などのトータルケアが必要になります。

20代から美肌を保てるように毎日のスキンケアが必要になります。

まとめ

▲肌質について

普通肌・・・

皮脂が少なく・・水分が多い肌。きめが細かい。スベスベ肌。

乳液で油分を補うといいです。

乾燥肌・・・

皮脂と水分、両方少ない肌。ゴワゴワした肌。

美容液・・クリームで入念にケアが必要です。

脂性肌・・・

皮脂と水分両方多い肌。Tゾーンが特に気になる。毛穴が開いてる。

クリームは控えてください。

さっぱりタイプの化粧水と乳液でケアしましょう。

混合肌・・・

皮脂が多く・・水分が少ない肌。ニキビができやすい。ゴワゴワ肌。毛穴が開いてる。

化粧水・・美容液で水分をしっかり補って乳液は控えめにしてください。

敏感肌・・・

お肌に刺激が多い状態です。

低刺激タイプのスキンケア化粧品をつかいましょう。

ご参考になれば幸いです。

あなたに良きことが雪崩のごとく起きます。

読んでくださってありがとうございました。

マサ的美容情報局でした。